書くのが好きな人たち

文章を書くのが好きな人たち

 とは言っても、「文章を書くのが好きな人」はやはり存在します。私にしても、文章を書くのは苦になるけれども、書くこと自体は嫌いではありません。
 それでは「文章を書くのが好きな人」と「嫌いな人」の違いは何なのでしょうか。それは何か「自分が他の人に伝えたい」と思うことを、きちんと伝えることができたときの快感を知っているかどうかということです。
 文章を書くことは大変で、何をどう伝えればよいかよく分からない。これは嫌いな人と同じでも、その状態から、何とか自分の意見として何が言えるのかということを一生懸命考え、それを他人に伝えようとして、自分なりにそれを何とかやり遂げたという達成感(快感)を知っているから、そういう人は大変なことを何とか乗り越えようという意欲を持つことができるのです。

タイトルとURLをコピーしました