お金で何でもできる?

Top | 言いたい放題 | 電灯ぐらいつけて

本当に「お金で何でもできる」と言ったの?

お札
 livedoorのことで最近持ちきりです。違法行為があったのですから、その部分はいけないこととしてしっかり正していかなければなりません。ですが、マスコミの堀江氏についての報道で、ちょっと気になることがあるので、それについて書いてみます。

「『お金があれば何でもできる』と豪語し」は本当なの?

 最近のテレビ報道で、「『お金があれば何でもできる』と豪語し」という表現がやたらと出てくるのですが、これは本当なのでしょうか。もし堀江氏自身が本当にこんなことを言っていれば、最近のテレビのことですから、その証拠となるシーンなり、書いたものの一部なりが必ずしつこく報道されると思うのですが、私はついぞそんなシーンにはお目にかかっていません。
 唯一裏付けとなる場面を流したものを見たのは、「お金がないときには無力であきらめていたことが、お金を持つと色々できるようになる」と語ったあるセミナーのシーンでした。このテレビでは、この語を裏付けとして、「『お金があれば何でもできる』と豪語し」と説明していました。
 それを聞いて、そんなこじつけありかよと思ったので、こんな記事を書くことにしたのです。

「『お金があればできることが増える」は常識じゃないの

 私はそれほど堀江氏について詳しくはないので、もし本当に、堀江氏がそういう発言をしていたのなら、あっさりこの記事は撤回します。ですが、周りの人にでもそんなことを漏らしていれば、今頃のことですから、顔を隠した人物でも出てきて、「こんなことを言っていた」というような場面をいつまでもこれでもかと視聴者がうんざりするまで流し続けるのではないでしょうか。
 そんな裏付けが一切無いままの報道ですから、事実とは違う、「『お金があれば何でもできる』と豪語し」という言葉だけが一人歩きしているような気が私にはしてならないのです。
 先ほど説明した、私が見た唯一の裏付け場面がその根拠であるというのなら、「『お金があればできることが増える」というのは、常識ではないでしょうか。我々貧乏たれは、お金を持っていないから、思うことのほとんどがかないません。もしお金があれば、その思いのうちでかなうことはかなり増えるでしょう。
 これは何も違法なことをするからということではありません。たとえば人を助けようとしたところで、100円の寄付をするのと、何億かかけて外国の生活の困難な地域に医療を充実させるのと、どちらが社会貢献になるでしょうか。何億の商売をしながら、顧客に喜んでもらえる商売ができれば、それも立派な社会貢献でしょう。
 もっとも、いつもお金を持っていない私のようなものが大金を手にすれば、社会貢献より、社会に害悪を垂れ流す、権力を行使しようとする恐れの方が大きいかもしれませんが。
 今回の堀江氏の逮捕は、そのような行動をしてしまった人の逮捕であって、「『お金があればできることが増える」という考え方をした人の考え方が間違いであると決めつけるのは、全くの見当違いではないでしょうか。

株の売り買いで儲けるのが危ないという発言も気になる

 今回のlivedoorの報道では、株で損をした人がたくさんいて、株の売り買いで儲けるのはばくちをするのと同じようなもので、そんなものは堅気の人のすることじゃあない。もっと地道に働くことを考えなければいけない、というような意味の報道がなされることも多いような気がします。
 しかしこれもいかがなものでしょうか。株式投資で儲けることが卑しいことなら、商品を右から左に流して中間マージンを取ることも卑しいことになるでしょう。ひょっとすると、何も作り出さずに、サービスだけを売ってお金を得ることも卑しいことになってしまうかもしれません。
 そうなると、実際にものを作る「第一次産業の人間」だけが尊いというかなり前近代的な考え方になりかねません。
 株というのは、それになじんでいない一般庶民には分からないことが多くて、それで損をしたとか、ちょっとの時間パソコンの前で売り買いするだけで大もうけをしたなどという話を聞くと、「そんなのはまっとうな人間のすることではない」と思ってしまいます。しかし、その発想は、おそらくかなり自分の将来の可能性を自ら狭めてしまう発想です。
 個人でも、企業でも財産を持っている人の間では、おそらく自分の資産管理をするときに、その中に株式を組み入れるというのは常識です。それをしないで、銀行に貯金するだけで資産管理をしようとする人などいないはずです。というようり、そのような人は、残念ながらそんな金持ちには絶対になれません。
 ですから、これらの「株などまっとうな人間のするものではない」と言いたげな報道は、うがってみれば、「金持ちは当然金持ちのまま」に、「貧乏たれは金持ちにさせない」、そういう金持ちの策略に乗ったものだと私などは感じてしまいます。
 いわば「マスコミの愚民政策」です。

要は関わり方次第

 「そこまで言うおまえはさぞ株をたくさん運用しているのだろうな」といわれそうなところですが、今のところNekoは一切株をもっていません。株式投資をしなければいけないと思いながら、資料を取り寄せて、それでも何となく怖くて口座開設すら後に後にとなっています。ですからこんなことを言う資格はないのかもしれません。
 しかし、私も、なるべく早く少しだけでも株の世界を経験しないと、自分の将来の可能性をかなり限定してしまうと考えています。
 もちろん今回のような事件があったり、会社が倒産した場合には、株券が紙くずになるというリスクは、銀行に預けるよりもかなり高くなります。
 先物投資は、資金よりも高額の取引ができる分、失敗したときには、紙くずになるだけではなく、高額の負債が発生します。そのあたりはよくよく研究・理解して、自己責任でこの時代を乗り切らないといけません。

Top | 言いたい放題 | 電灯ぐらいつけて
タイトルとURLをコピーしました