例文2の完成度?

例文2の完成度は如何(いか)に

【例文2】
 (1)街頭インタビューで、高齢者に「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるインタビュアーを見かける。(2)そのうえ、「おいくつですか。」「お元気ですね。」などと言っている。(第一段落)
 (4)高齢者に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるべきではない。(6)自分の祖父母でもない人に、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、「おねえちゃん」「おにいちゃん」と呼びかけるのと同じく失礼である。(第二段落)
 (3)高齢者に聞くと、多くの人は自分が老人だとは意識していないという。(5)電車の中で席を譲られて機嫌をそこねる高齢者もいる。(8)自分の孫でもない他人、それも一人前の大人から、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけられたときには、「自分も、そんな年に見えるのか。」とショックを受けるだろう。(第三段落)
 (7)友人が勤めている病院では、医師や看護師が高齢の患者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばず、その人の名前で呼んでいるという。(9)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。(第四段落) (※この例文は、京都書房『国語表現?』の教科書P21から引用しています)

  1.  上の文章の完成度について、あなたなら何点をつけますか。
  2.  この文章で意味のつながりがよく分からないところを指摘しましょう。
  3. (6)で、「自分の祖父母でもない人に、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、『おねえちゃん』『おにいちゃん』と呼びかけるのと同じく失礼」なのは、なぜでしょうか。
  4.  この文章を通して筆者が伝えようとしていること(この文章の主題)は何でしょうか。
  5.  この文章は、構成する全ての部品(要素)が、あなたが問3で答えた主題を伝えるための部品として機能する文章になっているでしょうか。
  6. (7)の例で、筆者は何を説明したい(説明しなければならない)のでしょうか。

 問1の完成度について、この教科書の編者はどう考えているかを聞いてみましょう。

 例文1と比較すると、例文2のほうが読みやすいことがわかる。例文1では、あれやこれやと未整理のまま書かれているが、例文2では、内容が四つの段落に整理されている。ただ行変えをして区切って書いてあるだけではない。一つの段落では、一まとまりの内容だけが述べられている。
 また、それぞれの段落には次の働きを持たせている。

第一段落……経験したことを報告する。
第二段落……それに対する自分の考えを述べる。
第三段落……意見が正しいことの理由を挙げる。
第四段落……事実を挙げて、意見を述べる。

 段落は、文章を構成する、意味のまとまりとして設けるものである。
(※京都書房『国語表現?』の教科書P22)

とあって、その下に「しっかりした構成で文章を書くには」というような説明をしているのですから、例文2は例文1を推敲して、「しっかりした構成のよい文章」になっているというとらえ方をしていることは明らかです。
 しかし例文2が、「構成のしっかりした良い文章」であるというようなことを、生徒に教えては困るのです。
 例文2の文章のどこがしっかりした構成なのでしょうか。

例文2の意味のつながりがよく分からないところは

 問2の、「この文章で意味のつながりがよく分からないところ」はどこでしょうか。
 この問題については、前頁(「同質のものをまとめる」)でも少し考えてきました。
 細かいところは置いておくとして、絶対に考えておかなければならないところは、「(6)自分の祖父母でもない人に、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、『おねえちゃん』『おにいちゃん』と呼びかけるのと同じく失礼である。」の前後のつながり、第4段落の、「(7)友人が勤めている病院では、医師や看護師が高齢の患者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばず、その人の名前で呼んでいるという。」と「(9)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。」それぞれの前後のつながりです。

「おねえちゃん」「おにいちゃん」と呼びかけるのと同じく失礼?

 問3で問題にした(6)の、「自分の祖父母でもない人に、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、『おねえちゃん』『おにいちゃん』と呼びかけるのと同じく失礼」だという理由は何なのでしょうか。このように比較して書く以上、この前後を読んで「どこが共通する本質的な問題なのか」ということが分からなればいけません。もし「同じ」と書いて、その内容を書かなければ、思わせぶりなだけで、内容はと問うと、全く中身がない文章になってしまいます。
 この文章の場合、このような文章で推敲できたと満足していることを考えると、この理由を問われても、筆者は絶対に答えられないはずです。そういう意味で、筆者や、例文2まで推敲を手がけた編纂者は、自分の書こうとしていることが何なのか、さっぱり分かってはいません。
 筆者が考えられていないのなら、私たちが答えてあげるしかありません。さて理由は何でしょうか。
 そうです。(9)にある、「相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけ」であるという点で共通しているのです。そのことをきちんと筆者や添削者が把握していれば、この文章は絶対に例文2のような形にはならないはずです。

筆者が伝えようとしていること(この文章の主題)は何か

 この問題についても、前頁(「同質のものをまとめる」)でも考えました。
 「(4)高齢者に対して、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるべきではない。」か、「(9)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。」のどちらかですね。
 さて、どちらでしょうか。
 ここではとりあえず「(4)高齢者に対して、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるべきではない。」を主題(筆者の最終的に訴えかけたいこと)だということにして(本当?)、問5に行きましょう。((9)を主題とする文章については、後にまた考えます。)

  • (4)が主張だとして、それを言うためにどうしてそれを言うのか分からないというところ(部品)はありませんか。

 時間を取って、考えてみましょう。
 答えがまとまったら、次項にいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました