「個性を消し去る」を生かす添削

「個性を消し去る」を生かす添削

【例文2】
 (1)街頭インタビューで、高齢者に「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるインタビュアーを見かける。(2)そのうえ、「おいくつですか。」「お元気ですね。」などと言っている。(第一段落)
 (4)高齢者に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるべきではない。(6)自分の祖父母でもない人に、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、「おねえちゃん」「おにいちゃん」と呼びかけるのと同じく失礼である。(第二段落)
 (3)高齢者に聞くと、多くの人は自分が老人だとは意識していないという。(5)電車の中で席を譲られて機嫌をそこねる高齢者もいる。(8)自分の孫でもない他人、それも一人前の大人から、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけられたときには、「自分も、そんな年に見えるのか。」とショックを受けるだろう。(第三段落)
 (7)友人が勤めている病院では、医師や看護師が高齢の患者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばず、その人の名前で呼んでいるという。(9)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。(第四段落) (※この例文は、京都書房『国語表現?』の教科書P21から引用しています)
 

  1. 例文2は、(9)を主張するための文章ですか。
  2. (6)(9)の認識を生かす添削をしてみましょう

 問1についてはこれまでのところでさんざん考えてきましたから、答えはもうおわかりですね。
 もちろん、この例文2は(9)を主張をするために書かれた文章にはなっていません。もし「(9)を主張する文章を作るんだ」という意識が少しでも筆者にあれば、この文章はこのような形には絶対になりません。なるはずがありません。

(6)(9)の認識を生かす添削をしてみましたか

 もうあなたは書いてくださっていますよね。(6)(9)の認識を生かす文章を書こうとすれば・・・。
 (6)がこの位置にあったのではいけませんね。
 4段落目以降と関連づけて説明することになるでしょう。そうすると、そう、例文2ではわざわざ(6)を前に出したのに、またもとの位置に逆戻りです。(元の例文1のように(6)(7)と続けるべきかどうかは書き方次第ですが)
 それから「(6)(9)の認識を生かす文章を書こう」ということなのに、元の文章に「「(6)(9)の認識」についての十分な記述ができていないのですから、例文2で言えば第4段落目以降の記述が、あなたの文章では、当然かなり増えているのではないでしょうか。
 たぶん、そんな文章を書いてくださっていると思います。

(6)(9)の認識の部分と、(3)(5)(8)の部分が分裂してはいませんか

 さてあなたの書いた添削例を見て、例文2で言えば第4段落目以降の(6)(9)の認識について説明しようとした部分と、例文2の第3段落目までの(3)(5)(8)の理由を説明した部分とで、文章が分裂している、すなわち言っていることがつながっていないことはないですか。
 例文2を元にして「(6)(9)の認識を生かす文章を書こう」とすると、たぶんそうなっている人がほとんどだと思います。
 それは、例文2は、もともと(3)(5)(8)の理由説明を主体として「『おじいさん』と呼ぶべきではない」という主張を展開するように添削された文章だからです。そこに、違う理由を付け加えて、それを主体とする文章をかこうとがんばったとしたら・・・。当然、がんばればがんばるほど付け加えた部分と、元の部分とで違和感が強くなってくるんです。
困った。困った。

(6)(9)の認識の部分と、(3)(5)(8)の部分の分裂をどう克服するか

 方法は2つです。一つは、そう、「『おじいちゃん』と呼ぶなを主題にするなら」で添削したのと同じやり方です。「臭(くさ)いものに蓋(ふた)をする」
いや違った。矛盾するものを全部消してしまうやり方です。
 それで例文を作ってみましょうか。

【例文4】  (下線部分は文章の改変箇所)
 (1)街頭インタビューで、高齢者に「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるインタビュアーを見かける。(2)そのうえ、「おいくつですか。」「お元気ですね。」などと言っている。(第一段落)
 (4)高齢者に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるべきではない。(6)自分の祖父母でもない人に、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、「おねえちゃん」「おにいちゃん」と呼びかけるのと同じく失礼である。(第二段落)
 (9改)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけをされて嫌な気がするのは、「おじいちゃん」や「おばあちゃん」だけではないはずだ。
 (7)友人が勤めている病院では、医師や看護師が高齢の患者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばず、その人の名前で呼んでいるという。(第三段落)
 (+10)このような高齢者に対する接し方を、今後我々も学ばなければならないのではないか。(第四段落)

 いやあ。自分でも作ってみてびっくりしました。立派な小論文になってしまいました。自分の小論文でこれだけきっちりした筋立ての文章が書ければ、どこの大学だって間違いなく余裕で受かります。

例文4の推敲の問題点

 ちょっと例文4が立派な文章になりすぎたので、例文1もしくは例文2を推敲して例文4のようにしてしまう問題点が見えにくくなってしまいました。
 しかしその問題点を考えてみましょう。

  • 例文1もしくは例文2を推敲して例文4のようにしてしまう問題点はどのようなところですか。
    (ヒント)臭いものに蓋・・・臭いものとは

 「臭いものに蓋」の「臭いもの」とは、文章を書こうとして、その材料の矛盾した部分や、論理的なつながりの説明を自分できちんと説明することが難しいところです。言い換えれば、「書きたいのだけれど、何かもやもやとして説明しきれない部分」とでも言いましょうか。
 「臭いものに蓋をする」ということは、そのようなところを全部削ってしまうということです。例文3を作るときに、うまく説明がつかないので「個性の消失」を消してしまいました。
 例文4では、「年寄り扱いするな」という気持ちへの配慮を削除しました。
 このような、「書きたいのだけれど、何かもやもやとして説明しきれない部分」というのは、書くべき(整理すべき)問題の本質だからうまく書けないで悩んでいるのです。それを全部矛盾するからといって削除してしまったら。そう、悩む必要もないような誰でもがすぐ思いつくような薄っぺらい感想しか残りませんよね。
 ねこ(私)はよく、「ここが矛盾する」「ここをもっと整理して」「もうちょっと考えを深めて」と生徒に指導することがあります。そういう時生徒は、指摘された部分を片っ端から消して、中身のない骨だけのような薄っぺらい文章に仕上げて持ってくることが結構あるんです。
 せっかく元の文章には深い問題意識への手がかり、すなわち深い問題意識を書くための素材の原石のようなものがあったのにです。
 ですから、文章を書くときには、内容をよく整理して不必要なものをどんどん削っていく作業はもちろんとても大切な作業なのですが、それと整理しきれないでもどかしいところを全部削っていくというのとは全く別なことだいうことを、しっかり頭に入れておいてください。
 その「整理しきれない素材」をなんとかして整理して一本筋につなげていくことで、今までの自分が何となく感じてはいたけれども、文章にするほどきちんとは把握できていなかったことに、改めて実感として気付かされるのですから。
 それが「文章を書く」ということの本質です。(『ねこ』P5,59,75)
 実はこの章の例文1からの添削で、最終的に目指しているところは、このような素材でしかないバラバラの原石を文章にするまでの過程を、実際にあなたに感じ取っていただきたいということなのです。

例文4で落としてしまったところ

 「そんな一般論を言っても、一般論は一般論として、例文4は立派な文章じゃないか。何の不足があるんだ。」と思うでしょうか。
 それでは。
 例文4を読んだ人の中には、「『おじいちゃん』と呼んでほしくないのは、何も『自分の個性が無視される』なんていうようなたいそうな理由じゃないよ。年寄り扱いされたくないだけじゃないの。」というような反対意見の人が出てこないでしょうか。
 深刻な奥深い問題を言おうとすればするほど、「そこまで深く考えなくても」という意見が出てくるものです。
 その意見に対して、例文4では全く配慮がありません。
 例文2でも、やっぱり配慮があるわけではありません。が、奥深い問題意識と人がすぐに考えそうな浅い理由とがあって、奥深い問題を主張したときに生じるであろう反論に対する配慮をするために使うことができる原石は転がっているのです。

タイトルとURLをコピーしました