作者の意識を大切に

原作者の意識の流れを大切にする

 この章では、例文1の推敲をずっとやってきました。ここではこれまでの添削を振り返って、「原作者の意識の流れを大切にする」ということについて考えておきたいと思います。
 ここで説明することは、高校生の皆さんよりもそれを添削する先生方に考えておいてもらいたいことです。高校生の皆さんはこの頁は飛ばして読んでくださって構いません。

原作者の意識の流れが推敲に生かされているか

 これまで例文1を出発点として、例文2例文3例文4例文5例文6と添削してきました。
 例文3、例文6を作るときに、(6)(9)の認識を生かす文章を書くために、「例文2ではわざわざ(6)を前に出していたのに、またもとの位置に逆戻り」させたことを覚えていますか。
 例文1の筆者の思考の流れでは、「(6)自分の祖父母でもない人に、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、『おねえちゃん』『おにいちゃん』と呼びかけるのと同じく失礼である。」は、やはり「(9)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。」とつながっていたのに、例文2への添削の過程で、(6)の比較の部分を添削者が軽視して添削してしまったためにそういうことが起こったのでした。
 そういう添削をされたとき、原作者はどう思うでしょうか。「確かにまとまってはいる。でも、何となくわたし(僕)の文章ではないような」ではないでしょうか。これは例文4でも同じことです。(6)(9)の認識を何か入れたい気がしていたのに、それを全く削られてしまったのですから。
 我々添削する者(国語の教員?)がやりがちなことは、文章のまとめ方と問題意識について、自分がある程度の力を持っているために、生徒が書いてきた素材のまとめやすい部分を、添削者の意識の流れで添削してしまいがちになるということです。
 添削の元になる生徒の文章というのが、何とも文章の体裁をなしていないことが多いのですから、これは致し方のない面もあるのですが、一方で、教員ががんばればがんばるほど生徒の素直な発想をねじ曲げようとしてしまうこともあるということへの教員の自覚不足も否(いな)めません。
 添削に携わる者は、こういう自覚をしっかりと持っておきたいものです。
 私の添削する上での理想は、たとえ教員が文章を書き直してしまった場合でも、生徒がその文章をさも自分で書いたかのように思ってしまうような添削をしたいということです。
 文章指導をする以上、生徒の意識レベルの底上げを目指さなければなりません。ですが、元になる生徒の意識の流れをやはり無視してはいけません。それを無視して、教師の思考の型にはめた文章を作らせてみても、その体験は、生徒が自分で文章を練り上げていく上での経験値にはならないからです。

急にそこだけ問題意識のレベルが変わっているような文章

 上のような抽象的な説明だけでは、なかなかきちんと納得してはもらえていないでしょう。やはり抽象的な説明になってしまいますが、もうちょっとだけ説明を続けましょう。
 文章を読んでいて、他では高校生が誰でも普通に感じるぐらいのレベルの感想や例が書いてあるのに、急にそこだけ問題意識のレベルが変わっているような文章があります。かなり砕けた文体で書いてあるのに、そこだけきちんとした文章語のレベルで書いてある場合もあります。
 このような場合、添削をしている本人は、それがよいと思ってまじめに添削をしているわけですからなかなか気がつきません。むしろ、他人の方が、はっきりとそうだと説明できないまでも、文章の中で添削者がふっと顔を出している部分になんとなく気づいてしまうものです。
 「がんばっていたら、何となく生徒の文章でなくなってしまう」という自覚症状のある方は、自分で思っている以上に症状は重いはずです。
 この症状を治す手だては、添削をする者が、「生徒の文章の意識の流れを大切にしよう」として、訳の分からない文章の中から一生懸命「隠された生徒の意識の流れ」を探し出そうとしていくしかありません。がんばってくださいね。

生徒の文章の意識の流れを大切に

 なぜ、この例文の推敲には関係のないようなこのような話を持ち出したのかというと、例文2の様に原作者の意識の流れを読み誤った添削をしたものを元に添削を重ねていくと、原作者が書こうとしていた内容はどんどん薄まっていって、原作者の思いをよそにして、結局添削者が好むような方向に文章がどんどん歪んでいってしまうからです。
 生徒の原稿を添削をしていて行き詰まったときには、原作者が書いた原稿をもう一度最初から見直してみると、添削者が見落としていた原作者の意識の流れを再発見することができることもよくあります。そんなことも意識の片隅には留めておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました