同質のものをまとめる

同質のものをまとめる

【例文1-2】
 (1)街頭インタビューで、高齢者に「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるインタビュアーを見かける。(2)そのうえ、「おいくつですか。」「お元気ですね。」などと言っている。
 (3)高齢者に聞くと、多くの人は自分が老人だとは意識していないという。(4)高齢者に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるべきではない。(5)電車の中で席を譲られて機嫌をそこねる高齢者もいる。(6)自分の祖父母でもない人に、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、「おねえちゃん」「おにいちゃん」と呼びかけるのと同じく失礼である。
 (7)友人が勤めている病院では、医師や看護師が高齢の患者を「おじいちゃん」「おばあちゃんと呼ばず、その人の名前で呼んでいるという。
 (8)自分の孫でもない他人、それも一人前の大人から、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけられたときには、「自分も、そんな年に見えるのか。」とショックを受けるだろう。(9)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。

  1.  上の文章で、「(4)高齢者に対して、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるべきではない。」という主張の理由になると考えられる文はどれですか。
  2.  この文章を通して筆者が伝えようとしていること(この文章の主題)は何でしょうか。

 問1の答えは、(3)(5)(8)でしょうか。
 (6)(9)を答えた人もいるでしょう。それでもかまいません。
 それではこの(3)(5)(6)(8)(9)の内でほぼ同等のレベルで理由になっているのはどれでしょうか。考えてみてください。
 (6)はどういう理由でしょうか。この文で理由として取り上げるとしたら、「失礼である」ということだけですね。どういう理由で失礼なのかは分かりません。(3)(5)(8)の様に呼んではいけない具体的な理由が述べられているのとはちょっと異質ですね。
 (9)はどうでしょうか。問2の答えをあなたはどう答えましたか。「(4)高齢者に対して、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるべきではない。」でしょうか。「(9)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。」でしょうか。そのどちらかですね。
 この問に対する答えはまた後の項で考えていくとして、(9)の文章は、(4)を主張するための理由になりうると同時に、それ自体を主張としてもとらえることができる要素を持っています。事実この例文では、文章の最後にこれをおいて、さも主張であるかのような扱いで文を締めくくっています。
 このように考えてくると、(3)(5)(8)はまとめてしまえる同質のものだが、(6)と(9)はそれらと同じように無造作にまとめてしまえるものではないことが分かります。

同じことは一つにまとめる

 「文章を整理するポイント」(『ねこ』P31)で最初に述べた

同じこと、関連のあることは一つにまとめる。未整理の頭そのままに、「あーでもない。」「こーでもない。」と行ったり来たりでは、読む者がたまらない。

ということは、文章を書こうとする人にとってきわめて大切な心得です。ということで、さあ、それでは【例文1-2】の(3)(5)(8)をひとまとめにして、文章を推敲してみましょう。
 くどいようですが、解答を見る前に、自分で考えてみてくださいよ。

【例文1-3】
 (1)街頭インタビューで、高齢者に「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるインタビュアーを見かける。(2)そのうえ、「おいくつですか。」「お元気ですね。」などと言っている。
 (4)高齢者に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるべきではない。(3)高齢者に聞くと、多くの人は自分が老人だとは意識していないという。(5)電車の中で席を譲られて機嫌をそこねる高齢者もいる。(8)自分の孫でもない他人、それも一人前の大人から、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけられたときには、「自分も、そんな年に見えるのか。」とショックを受けるだろう。(6)自分の祖父母でもない人に、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、「おねえちゃん」「おにいちゃん」と呼びかけるのと同じく失礼である。
 (7)友人が勤めている病院では、医師や看護師が高齢の患者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばず、その人の名前で呼んでいるという。
 (9)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。

 これでどうでしょうか。【例文1-2】では、(3)(4)の順番になっていますが、(3)(5)(8)をひとまとめにして(4)の理由とするために、(4)を前にして主張としその後に理由となる、(3)(5)(8)を置いてみました。
 下に【例文2】をもう一度載(の)せますから、比べてみてくださいね。ほとんど同じになりました。

【例文2】
 街頭インタビューで、高齢者に「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるインタビュアーを見かける。そのうえ、「おいくつですか。」「お元気ですね。」などと言っている。(第一段落)
 高齢者に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるべきではない。自分の祖父母でもない人に、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、「おねえちゃん」「おにいちゃん」と呼びかけるのと同じく失礼である。(第二段落)
 高齢者に聞くと、多くの人は自分が老人だとは意識していないという。電車の中で席を譲られて機嫌をそこねる高齢者もいる。自分の孫でもない他人、それも一人前の大人から、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけられたときには、「自分も、そんな年に見えるのか。」とショックを受けるだろう。(第三段落)
 友人が勤めている病院では、医師や看護師が高齢の患者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばず、その人の名前で呼んでいるという。相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。(第四段落)

(※なおこの例文1,2は、京都書房『国語表現?』の教科書P20から引用しています)

【例文1-3】と【例文2】を比べてみると

 一つは、【例文2】では(6)の位置が(4)の主張の後に移動しています。
 これは、「失礼だから呼ぶべきではない。」というように、「失礼」を主張の一部の様にしてしまおうという意図と、「失礼」の具体的な内容として、(3)(5)(8)を配置しようという意図から、教科書編纂者がこのように添削したためです。その判断自体は正しいのですが、しかし、(6)が今の形である限り、(4)の後に持って行った方が良くなるとは必ずしもいえないのです。
 それは、(6)に「失礼」という要素だけではなく、「デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、『おねえちゃん』『おにいちゃん』と呼びかけるのと同じく」という別の、比較の要素が入っているからです。これについては次の項でもう一度詳しく考えていくので、ここではこれぐらいにしておきましょう。
 このような要素が無く(6)が「失礼」ということだけなら間違いなく、【例文2】のように(4)の後に(6)をすぐ持ってくる方が整理された文章になります。
 【例文2】では、(4)(6)を主張を述べる段落としたので、段落を変えて(3)(5)(8)を根拠を述べる段落にしています。
 もう一つの【例文1-3】と【例文2】との違いは、(7)(9)をひとまとめにして一段落とするか、それとも段落を分けるのかという違いです。
 これについても【例文2】の方が良くなっているとは必ずしも言えません。

一つの段落には一つのこと

一つの段落には一つの言いたいことを書き、それを積み上げていく形で一つの文章を構成していく (『ねこ』P20

ということが、頭にしっかり入っているでしょうか。
 そういう目で、【例2】の4段落目を見たとき、ここで何を言うために、(7)と(9)とをつなげて一段落にしているのでしょうか。
 少なくとも、例文の様な形そのままではよく分かりません。
 かといって【例文1-3】のように二段落に分ければどうか。こうすると「一つの段落に一つのこと」にはなりますが、さてそれでは、(7)と(9)はどういう関係でつながった段落なのでしょうか。やっぱりわかりません。
 そういう意味で、(7)と(9)は1段落にしようとしまいと、意味のつながりがよく分からないことに変わりはないのです。
 このことについてはこれも次項でもう一度詳しく考えます。

本題は次項から

 さて、ここまでの説明は理解できましたか。しかし、ここまでは誰でもがよく言うことを説明した前置きです。本題は次から。

タイトルとURLをコピーしました