002902

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
ねこの小論文・作文講義




◆ 『ねこの小論文・作文講義』再び 投稿者:王様のおやつ  引用する 
くま  昨日、『ねこの小論文・作文講義』が届きました。ありがとうございます。
 私は9年くらい前、この冊子を読んで小論文を書いたおかげで、これまで弱点だった論文を自信を持って書けるようになり、その年の職場の昇任試験に合格できました。考えてみれば、私が今の職場で役付き職員として働けるのもこの冊子のおかげなのです。
 その後、同僚にもこの冊子を読むよう渡したところ、その同僚も翌年に昇任試験に合格しました。ただ、別の職場に異動になった同僚に返してくれとも言いづらく、年月の経過とともにこの冊子のことは忘れていました。
 そして、現在は9年前に幼稚園児だった私の長女も4月から高校生です。先日、その長女から論文を書いたから見てほしいとのことで読んだところ、全く論文の体をなしていないような文章でした。
 そこで、今回、ねこ先生の冊子の力を借りるときが再びやってきました。数年後でもいいので、長女が『ねこの小論文・作文講義』で学び、まともな論文を書けるようになることを願うばかりです。
2016/03/12(Sat) 13:24:32 [ No.11 ]
◇ Re: 『ねこの小論文・作文講義』再び 投稿者:   HomePage    引用する 
アイコン  涙が出るようなありがたい書き込みありがとうございました。
 ホームページや本は公表していても、こういう反応が直接来ることはほとんどないので、世間にはあまり評価されていないのだろうなと思っているところです。
 こういう書き込みをいただけると、本当に元気が出ます。
 親子二代で使っていただけるなど考えたこともありませんでした。ご健闘をお祈りします。
2016/03/14(Mon) 00:10:12 [ No.12 ]

◆ serendipity 投稿者:  引用する 
いぬ 私は、自分を悲劇のヒロインにしたてて嘆くような、被害妄想のきらいがある。そして、そんな生き方をこれ以上続けるのは御免だ。しかし我ながら厄介な癖である。努力することに疑問を感じ、くよくよすることに気力や体力、時間を浪費する。その場しのぎの楽なことを好み、いわゆる自分に酔うだとか、今の自分と過去の自分とを比較することをやめ、ライバルの存在も認めないなど。わかりやすい敵や目標設定の基準を認めないから、不安と無力感に苛まれる、皮肉だ。報われる努力をするためには、明確なビジョンが必要である。ではどうするか。
まずは、「自分で文章を書き練り直すこと」と、「いわゆる自己啓発本を読むこと」を比較したい。前者は手元に紙と鉛筆があれば十分である。勿論このホームページの閲覧は必要!一方で、後者はドラマだ。そこには本を選択する出会いとか、筆者の思考の流れを追いかける旅、読後に策を実践する戦いなど、段階的なストーリーがある。悲劇に酔っている人は、客観的に自分を認知し、実際に自分をかえることでハッピーエンドを迎える。
かわろうとする自分に気づくことは、こわさを感じることだ。しかし、自らをよりよく成長さるために努力しないことは、本人の意識の有無を問わずただただ、衰え弱る方向へと努力していることになるのではないか。時は残酷である。「立ち止まる」努力、現状維持でなにもしないことは、時流のスピードに追い越される。いわゆる過去を生きるヒトをうむ。「不安と無力感」を感じる自分に頑固になると、さびしさを感じ、再び酔う。それは、戦いを続け少々孤独でも、未来を見据えて今を生きるヒト、努力をしているヒトと区別できる。また、一見立ち止まっているようでも、本人に次の一歩を踏み出そうという考えがあれば、大丈夫だ。ゆっくり一歩を踏み出すことも、あって然るべきである。往々にして、そのような一歩は歩幅が大きく、より自分をかえるだろう。同様にただ過去にとらわれてばかり生きるのと、ときに過去を振り返って考えることは、区別できる。考えることで身を守るのだ。為せばなる。限りある努力はそれに見合った分だけ報われると考える。ただし、報われるタイミングを自分で限定するには、計算された努力が必要だと考える。衰え弱ることも、より強く成長することも、同じ報いであるならば、努力のベクトルをわたしがコントロールしようと感じるはずだ。そして、啓発本の読書感想文を書くことは、よりよい自己啓発につながると私は考える。
えっ、体験も書きこまなきゃ説得力がないですか?!それでは、啓発本の具体例を途中までためし、あまりの威力にひるんで、再び衰え弱ることを選んだ、悲劇を明日の朝書き込ませていただきます。そうですね、それはつまり、啓発本の読書感想文になるでしょうが、あしからず。

「世の中は考える者にとっては喜劇であり、感じる者にとっては悲劇である」 18Cイギリスの作家
ホレス・ウォルポール
2010/03/28(Sun) 07:20:06 [ No.9 ]

◆ 無題 投稿者:  引用する 
アイコン 迷惑投稿がむごすぎるため、掲示板を移転しました。
こちらの方で、また投稿をよろしくお願いします。

以前の掲示板のURLは
http://www.syouron.com/cgi/wmbp/wingmulti.cgi?bbsname=a
です。
2009/09/13(Sun) 05:32:47 [ No.3 ]

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -