「おじいちゃん」と呼ぶなを主題にするなら

「おじいちゃん」と呼ぶなを主題にするなら

【例文2】
 (1)街頭インタビューで、高齢者に「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるインタビュアーを見かける。(2)そのうえ、「おいくつですか。」「お元気ですね。」などと言っている。(第一段落)
 (4)高齢者に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるべきではない。(6)自分の祖父母でもない人に、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、「おねえちゃん」「おにいちゃん」と呼びかけるのと同じく失礼である。(第二段落)
 (3)高齢者に聞くと、多くの人は自分が老人だとは意識していないという。(5)電車の中で席を譲られて機嫌をそこねる高齢者もいる。(8)自分の孫でもない他人、それも一人前の大人から、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけられたときには、「自分も、そんな年に見えるのか。」とショックを受けるだろう。(第三段落)
 (7)友人が勤めている病院では、医師や看護師が高齢の患者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばず、その人の名前で呼んでいるという。(9)相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。(第四段落) (※この例文は、京都書房『国語表現?』の教科書P21から引用しています)

  1.  (4)「高齢者に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるべきではない。」が主張だと考えた場合、それを言うためにどうしてそれを言うのか分からないというところ(部品)はありませんか。
  2.  (7)の例で、筆者は何を説明したい(説明しなければならない)のでしょうか。

 問1です。
 (2)「そのうえ、『おいくつですか。』『お元気ですね。』などと言っている。」はどうでしょうか。
 年を聞いて、自分の年を再認識させられるというわけではないでしょうから、第3段落とのつながりはそれほど無いでしょうね。しかしこれは書いてもさほど致命的ではないかもしれません。
 (6)「自分の祖父母でもない人に、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるのは、デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、『おねえちゃん』『おにいちゃん』と呼びかけるのと同じく失礼である。」は、「失礼である」はいいのですが、「デパートで働いている店員や交通機関で働いている人たちに、『おねえちゃん』『おにいちゃん』と呼びかけるのと同じく」というのは、いらないでしょう。
 書いても別にかまいませんが、書くのなら、その理由を説明して、それが「『おじいちゃん』と呼ぶべきではない」理由につながるようにしなければなりません。
 (9)「相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけはやめるべきだ。」は何なのでしょうか。ここまでにこれにつながることを何か書いたでしょうか。それまでに何の説明も無いことが、いきなりここに出てきています。こんなことをここでいきなり読まされたのでは、読まされる方が仰天(ぎょうてん)します。
 ではなぜ、(9)のような、主張だとも受け取れるような文章がいきなりここにあらわれるのでしょうか。
 それは、生徒の訳の分からない文章の添削に何年も頭を悩ませてきた者でないと理由を説明するのは難しいかもしれませんね。
 (7)の所まで一生懸命頭の中にあることをなんとか書いてきました。(7)は、具体例です。ここで終わったのでは、なんか文章が尻切れトンボになってしまいます。かといって、(4)の主張をもう一度繰り返すのも物足りない気がします。ここまで書いたらもう書くことがありません。ここで終わりにしたいです。
 「えいそれなら」ということで、これまで書いたことに関連がありそうなことで、最後に書いて結論のように見えることを付け足して終わりにしてしまおう。」というような発想で付け加わったのが(7)なのです。ですから、(7)は、前の文章とのつながりがよく分からない思わせぶりな表現になるのが当然なのです。
 さてさんざん(7)の悪口を言いましたが、(7)を絶対に書いてはいけないということではないのです。しかしもし書くなら、(4)の主張の裏付け(理由)となるように、関連づけた書き方をすべきでしょう。

 

問2 (7)の病院の例はどうして必要なの

 実は上の問1を考えるときに、(7)について考えるのを一行とばしました。
 (7)の病院の例はどうして必要なのでしょうか。(この問題は前頁 問6で、問だけ出しておいて、答えていませんでした。)
 この問題を考えるために、これも前項で引用した、教科書の説明をもう一度見てみましょう。

 例文1と比較すると、例文2のほうが読みやすいことがわかる。例文1では、あれやこれやと未整理のまま書かれているが、例文2では、内容が四つの段落に整理されている。ただ行変えをして区切って書いてあるだけではない。一つの段落では、一まとまりの内容だけが述べられている。
 また、それぞれの段落には次の働きを持たせている。

第一段落……経験したことを報告する。
第二段落……それに対する自分の考えを述べる。
第三段落……意見が正しいことの理由を挙げる。
第四段落……事実を挙げて、意見を述べる。

 段落は、文章を構成する、意味のまとまりとして設けるものである。
(※京都書房『国語表現?』の教科書P22)

 この説明では、(7)の病院の例は、四段落の「意見を述べるために挙げた事実」だということのようです。
 この文章を読んでいるあなたは、この説明を読んで、例文2が、「構成のしっかりした良い文章」であるという理由に納得がいきますか。
 説明をじっくり読んで、この構成の考え方のおかしいところを見つけてみましょう。

  • 第一段落の「経験の報告」と、第四段落の「事実」とはどう違うのでしょうか。
  • 第二段落の「自分の考え」と第四段落の「意見」とはどういう関係なのでしょうか。

 このような説明の仕方で良い文章だと教えられたら、あなたはどういう文章を書こうとしますか。
 そうですね。「まず、自分の体験したことを書いて、次に主張、その理由を書いて、何か聞いた事実を書く。それを元にして、結論になりそうな考えを書いてまとめる。」こうならないでしょうか。絶対になりますよね。
 文章を形でとらえようとすると必ずこれに似た発想の仕方になります。「予想される反論を少しだけ書いて、それから自分の考えをたくさん書く」なんてのも同じです。
 「『自分の体験したこと』『聞いた事実』を書くことが、『自分の考え』『意見』を言うのになぜ必要なのか」、文章を形からとらえるのではなく、こういう風に内容からとらえようとしない限り、「構成のしっかりした良い文章」など絶対に書けません。
 「構成のしっかりした良い文章」というのは、「言いたいことに向かって、それを構成する部品がすべて働いている文章」のことなのですから。
 例文2の作者が、(7)のところで書けなくなって、(9)をとってつけたように付け加えた理由が分かりましたか。主張をする上での(7)の役割をきちんと把握していなかったからです。
 さて、かなり回り道をしました。
 やっと(7)の例のこの文章での役割について考えることにしましょう。

(7)の病院の例の必要性

 (4)「高齢者に対して、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるべきではない。」のですよね。ところが段落一のように、我々は普通そういう呼び方をしています。
 していないところは?ありました。病院です。要するに、我々普通の人たちは呼んでいるのに、「呼んじゃあいけない」と考えて、気をつけている人も居たんです。すばらしいじゃあないですか。大げさに言えば先駆者です。
 それなら、そう。我々も先駆者に続くべきですよね。
 そういうつながりで「(7)の病院の例」はこの文章に必要なのです。何もここで事実を書いた方がいいからじゃあありません。
 このような「(7)の病院の例」の役割をきちんと筆者(添削者)が理解していたら、そう、絶対に例文2のように、(7)で言いっぱなしにするような書き方にはなりませんね。
 さてそれでは、(4)「高齢者に対して、『おじいちゃん』『おばあちゃん』と呼びかけるべきではない。」を主張するための、構成がしっかりした文章を実際に書いてみましょう。
 くどいようですが、自分で考えてから答えを見てくださいね。

「『おじいちゃん』と呼びかけるべきではない」に向かって

【例文3】  (下線部分は文章の改変箇所)
 (1)街頭インタビューで、高齢者に「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるインタビュアーを見かける。(2)そのうえ、「おいくつですか。」「お元気ですね。」などと言っている。(第一段落)
 (4)高齢者に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるべきではない。(6改)自分の祖父母でもない人に、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけるのは失礼である。(第二段落)
 (3)高齢者に聞くと、多くの人は自分が老人だとは意識していないという。(5)電車の中で席を譲られて機嫌をそこねる高齢者もいる。(8)自分の孫でもない他人、それも一人前の大人から、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼びかけられたときには、「自分も、そんな年に見えるのか。」とショックを受けるだろう。(第三段落)
 (7)友人が勤めている病院では、医師や看護師が高齢の患者を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばず、その人の名前で呼んでいるという。(+10)このような高齢者に対する接し方を、今後我々も学ばなければならないのではないか。(第四段落)

 

  •  この例文3と例文2とを比べてみて、あなたはどう思いますか。本当に例文3の方が良くなったと思いますか

 「言いたいことに向かっていく文章の構成」という点から、この例文3をもっと厳密に見ると、先に述べた第1段落のつながり、それから第3段落のつながりも、もうちょっと考え直す必要がありそうです。
 それから第4段落。病院の例ですが、病院で「おじいちゃん」と呼ばないのは、「おじいちゃん」が、それを聞いて年を実感するからでしょうか。なんかおかしいぞ。
 そう考えるなら、筋を通そうとするなら、(7)も削ってしまった方がもっとすっきりするかも・・・。しかし・・・。それではあまりにも内容がなくなってしまう。やれやれ。
 さて、この例文3の印象ですが、例文2と比べてどうでしょうか。良くなったと思いますか。それともつまらなくなったと思いますか。
 良い文章かどうかはともかくとして、「言いたいことに向かっていく文章の構成」という点では、例文3は例文2などよりはるかに整理されています。
 でも何か物足りない。なんかレベルが下がったような。
 そんな印象も受けてしまいます。しかしそれも当然なのです。
 例文3では、例文2にあった、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ぶことが、「相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにすることにつながるのだ」という認識を含む(6)(9)のような部分をすべて消し去ってしまったのですから。
 主張が、段落3段落のような理由でとどまった場合と、(9)のように、「『相手の個性を消し去って、見かけの年齢だけで一まとめにする呼びかけ』だからやめるべきだ。」とした場合と、どちらが深い認識の文章になるかはすぐに分かるでしょう。
 当然(9)の方です。その部分を全部消してしまったのですから、例文3に底の浅さを感じることは仕方のないことなのです。
 それでは例文2の方が例文3よりもレベルが高いといえるのか。
 そうともいえません。例文2は、高いレベルの思考につながる部品をいろいろ備えてはいますが、それはあくまで部品があるというだけの話しで、筆者がその部品の本当の価値について分かって書いているわけではないからです。
 ですから例文3の問題点は、思いついた部品の内の浅い思考のレベルにあわせて、「言いたいことに向かっていく文章」を構成してしまった、すなわち推敲した、という所にあるのです。
 実は、(7)の病院の例も、(6)(9)の様なとらえ方をした先進的な例だととらえて初めて生きてきます。
 それに、(2)の様な体験も、(6)(9)につなげるとき、それを書く意味が出てくるのです。
 さて、それが分かったら、(6)(9)の認識を生かす添削をしてみてくださいね。
 次頁に行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました