「確かに~しかし~」段落構成

スポンサーリンク

「「確かに~しかし~」の段落構成

 樋口式の「確かに~しかし~」の使い方は、先に指摘した論理展開の他、段落構成の仕方においても、重大な欠陥があります。下に取り上げた樋口氏による四段落構成の「模範解答文」などは、どうしようもなくダメな、つっこみどころ満載な悪文の見本ですが、ここでは、主に段落構成の面から、「確かに~しかし~」の本来の使い方を見ていくことにします。

樋口氏による四段落構成の型の説明

 下の樋口氏の説明を理解しようとするのは、正常な判断力を麻痺させる努力をするだけなので、本気では読まない方がよいです。
 ここでは、私がマーカーを付けた部分だけ、氏の説明に着目していただければ十分です。
<例文2>

■「型」は四部構成で
 制限字数が一〇〇〇字以下であれば、基本的には、それぞれの部分が一つの段落でいい。つまり、小論文やレポートは、基本的にはⅠ~Ⅳの四段落からなると思っていい。ただし、それ以上の字数の小論文やレポートは、Ⅱ、Ⅲの部分をいくつかの段落に分ける。
[Ⅰ・問題提起]
 イエス・ノーの問題提起をする。課題が、直接的にイエスかノーかになっていないときには、ここでイエスかノーかに転換する。文章が出題されて、それについての意見が求められているときには、「課題文は……と言っているが、それは正しいか」といった形にする。
[Ⅱ・意見提示]
 イエスとノーのどちらの立場を取るかを示す。ここは、「確かに……、しかし~」というパターンで書くと書きやすい。つまり、イエスの立場を取りたいときは、「確かに、ノーの面もある。こんな場合だ。しかし、自分はやはりイエスのほうが正しいと思う」というように。こうすることによって、視野の広さをアピールして、一方的な文章になるのを防ぐ。同時に、問題点をしっかりと理解していることを示し、反対意見を踏まえた上で、論を深める。しかも、こうすることで、字数稼ぎができる。目安は全体の三〇~四〇パーセントの字数だ。レポートなど、制限字数が多いときには、ここをいくつかの段落にして、自分とは反対の立場の意見を紹介しながら、反対意見の根拠を示したのち、それに自分は反対であることを明確に語る
[皿・展開]
 イエス・ノーの根拠を示す。小論文やレポートの中心部であって、ここの展開の仕方によって、小論文やレポートの価値が決まる。問題となっている事柄の背景、原因、歴史的経過、結果、背後にある思想、実現するための対策など、表面的ではない部分をできるだけ深く掘り下げて書く。全体の三〇~四〇パーセントの字数で。制限字数が少ないときには、できるだけ焦点を絞るべきだが、レポートなど、制限字数が多いときには、ここをいくつかの段落にして、複数の角度から判断を示す。
[Ⅳ・結論]
 もう一度全体を整理し、イエスかノーかをはっきり述べる。余韻をもたせたり、道徳的目標などをつけ加えたりする必要はない。
『ホンモノの文章力 -自分を売り込む技術-』 P47~
 もう一つ注意してほしいのは、[Ⅱ・意見提示]ですべてを書いてしまわないことだ。ここで書きすぎると、そこで終わってしまう。論のクライマックスは次の[皿・展開]なのだから、ここでは、Ⅲの内容を予告する程度にしておいて、本格的には次のⅢで書くように工夫するといい。要するに、Ⅱはあくまでも皿への橋渡しと考えるべきだ。
『ホンモノの文章力 -自分を売り込む技術-』 P52 

一つの段落には一つのことを

 本来、「一つの段落には一つのことを書く」というのが、基本中の基本です。下の樋口氏の『模範解答文』のマーカー部分を含む第二段落目は、いったいどのようなことを言うための段落なのでしょうか。「予想される反論」についての段落でもないし、「反論に対する論駁」の段落でもない。
 このような、「予想される反論の論拠を開陳して、自分が不同意であることを予告するだけ」の段落は、一つの段落としてはまとまりを欠くので、極めて不安定な段落になってしまいます。
 「確かに~しかし~」を使った一番シンプルな四段落構成の場合は

Ⅰ 主張  Ⅱ 確かに~(予想される反論) Ⅲ しかし~(自説の根拠) Ⅳ まとめ

の様に展開するべきです。
 もしくは、ⅡⅢをあわせてもさほどの分量がない場合は、ⅡⅢを一つの段落にして、「反論は予想されるが、こういう理由で私は賛成しない」で一まとまりにしても構いません。
 いずれにせよ、樋口氏のように、自説がⅡの最後と、Ⅲにまたがって含まれるのは、非常に中途半端です。
 この頁までに、「確かに~しかし~」の論理展開に問題のある様々な例文をこのHPでも取り上げてきましたが、変な論理展開の仕方はそのまま真似ても、樋口氏のこの変な段落構成を真似た文章は流石にありませんでした。
 下の樋口氏の『模範解答文』の場合、Ⅱ段落目最後の「しかし、ゆとり教育は、大きな問題を抱えているのである。」をⅢ段落目の最初に持ってくると、それだけでも段落構成の面ではよっぽどスッキリした文章になるはずです。
 なお、予想される反論が複数あるような長い文章の場合には、

Ⅰ 主張  Ⅱ-①  Ⅱ-②  Ⅱ-③  Ⅲ-①  Ⅲ-②  Ⅲ-③  Ⅳ まとめ

の様に書くと訳が分からなくなります。
 まして、Ⅱ-② Ⅱ-③ はあるのに、それに対応する Ⅲ-②  Ⅲ-③ を書かないで済ますと、樋口氏典型の悪文になってしまいます。
 このような場合は、

Ⅰ 主張  Ⅱ-①  Ⅲ-①  Ⅱ-②  Ⅲ-②  Ⅱ-③  Ⅲ-③  Ⅳ まとめ

のようにしないといけません。
 「確かに~」の段落で、複数の反論を一度に認めてしまうと非常に次が書きにくくなるのも、これが理由です。

樋口氏による四段落構成の模範解答文(リンクで縦書きPDF表示)

 「ゆとり教育」が問題になっている。しばらく前から、日本の学校では、かつての受験競争が否定されて、学習内容を減らすなどして子供たちの負担を減らす「ゆとり重視の教育」が行われてきた。では、そのようなゆとり教育は正しいのだろうか。
 確かに、ゆとり教育のおかげげで、生徒たちは受験による抑圧から解放されて、自由に生きられるようになった面はある。受験競争が激しかったころ、子供たちは圧迫に苦しみ、意味のない競争に明け暮れなければならなかった。そして、そこから脱落したものは「落ちこぼれ」として、差別的な扱いを受けた。それに比べれば、勉強や競争を強いない現在のゆとり教育は好ましいと言えるだろう。しかし、ゆとり教育は、大きな問題を抱えているのである。
 ゆとり教育の大きな問題として、大学に入っても専門科目の勉強についていけないほどの学力不足がしばしば挙げられ、技術立国としての日本の将来が危ぶまれている。そして、それ以上に問題なのは、学習内容が減ったため、若者は競争意識を失い、生活にハリをなくしていることである。かつて、若者は他人との競争の中で自分の能力やその限界を知り、自分の個性やアイデンティティを発見していた。だが、現在の若者にはそうした機会が失われている。しかも、学問を重視しないために、若者は知的なもの、難解なものへの敬意を失い、努力を怠る。そのため、若者はいつまでも自己確立ができず、刹那的にその時々の快楽を追いかける。努力した上で、自分を作り上げていくという意識を持たない。そのあげくの果てが、都市の歓楽街にたむろし、夜中まで遊び歩く若者の姿なのである。
 私は、ゆとり教育が学力低下だけでなく、若者の意欲の低下をもたらし、自己確立を妨げていると考える。その意味で、ゆとり教育に反対である。
『ホンモノの文章力 -自分を売り込む技術-』 P49~

 この『模範解答文』の論理的な構成の問題点については、次頁で見てみることにします。

タイトルとURLをコピーしました