あえて主観的な文章を

あえて主観的な文章を書く手もあるかも

 ホームページにおいても、自分の意見のない、「ああいう意見もある。こういう人もいる」というような数ある意見をただ並べただけの日和見の主体性がない文章を書くべきではないことは、小論文や作文の場合と同じです。
 ただ、小論文などのような、なるべく多くの人に納得してもらおうとする文章を目指す必要がない場合には、さらに一歩進んで、あえて偏った立場からブログやHPをつくって、それを喜ぶ人を対象にしてみるというのも、やり方としては一つの方法かもしれません。あえて主観的な文章を書いて、ホームページ全体としてそのようなことを書く人格を演出することができれば、それを喜ぶ人が出てくれば、試みとしては面白いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました