読者が増えればいい?

読者が増えればそれでいいのか

 「それで充分」という人でも、前項に書いたような理由で、たぶん読者を最優先にするところから始めると遠回りになります。
 読者が増えたとして、自分のレベルを曲げて書いて読者を増やしたとして、私たちは本当に満足ができるでしょうか。「文章を書く」というのは自己表現です。自己表現を十分にしないで押さえ込んでいるなら、欲求不満ばかりが残るのではないでしょうか。
 「読者が増えればそれでいいのか」というのは一面的な議論で、私たちはもちろん「読者が増える」ということを熱望しています。
 しかしそのためにも、下手に読者に合わせようとするよりも、むしろ「好きなことを思う存分書く方がいい」と私は思います。それは何より、その方が、書くことによる自己表現ができますし、本質的な部分を含む文章が書けると思うからです。
 何らかの意味で本質的な部分の無いようなものは、やはり通用するとは思えません。

タイトルとURLをコピーしました