日記はお勧めできない

日記はお勧めできない

 皆さん割合ホームページに日記のようなものを書きますし、『ウケるブログ』も日記のようなホームページを作ることを前提にした例がたくさん出てきます。確かにそのようなホームページを求めている方も多いのかもしれません。しかし、インターネットが全世界のあらゆる人に開かれていることを思うと、つまり誰でも勝手に好きなように読めるということを考えると、個人的な情報を無防備に公衆の前にさらすというのはあまり勧められることではありません。
 「更新する材料がない」ということについても、一つ一つ書く内容がそれで完結して意味を持つ、すなわち一つ一つの文章の内容が、それを受け取る人にそれだけで何か魅力があるものであるなら、何も更新し続けなければならないこともないのです。
 日記は更新しなければすぐに古びてしまいますが、何かのテーマについてのつっこんだ内容のものなら、少々更新しないで放っておいても、 それだけで魅力が失せてしまうということは少ないはずです。「更新を頻繁にして、とにかく読者を引きとどめておかなければならない」というような、文章の濃度を薄めることになりかねない考え方は捨てて、一つ一つの文章(ページ)を使い捨てにしないですむような、ページを一つ一つ積み重ねていくことで、知らないうちに一つの世界を作っているような、そういうホームページ作り・ブログ作りを目指していく方が最終的に良い結果になる、と私は考えています。

タイトルとURLをコピーしました