読者

読み手の立場に立とうとする姿勢は大切

 「読み手の立場に立とうとする姿勢」はとても大切です。
 ホームページは前頁で説明したように、読者が最初から順番に読んでくれるとは限りません。いきなり途中から、しかも、紙に印刷して読むのではなく、ディスプレイで読みます。これは非常に疲れます。
 このようなことを考えるなら、なるべく小見出しを入れて、そのページを一目見るだけでも内容をある程度予測できるようにし、一つのページにだらだら長く文章を続けないで、一覧性をよくしようというような気持ちも生まれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました