Windows以外にも

Windows以外のユーザーも読者にはいる

 業者が既存のフォーマットを用意してくれているブログを使うような場合には、この項目で話題にすることはあまり必要ない場合が多いでしょう。しかし、もしHTMLを操作してホームページを作ろうとするなら、次のようなことも考えなければなりません。
 Windows以外の基本ソフト(OS)を使っているインターネットユーザーもいます。そのような人が使っているインターネットの閲覧ソフトでは、たとえばフレーム(画面を何箇所かに分割して表示するタグの一種)を表示できないものもあります。Windowsの世界でも、インターネットエクスプローラーが多数派ですが、その他のソフトを使っている人もたくさんいます。
 したがって、インターネットエクスプローラーでしか表示できないタグなどは使わない方が得策です。
 フレームについては、googleなどの検索エンジンで検索したとき、フレーム内で表示する個別のページだけが表示されてしまうということもあります。なので、そのように表示された場合でも、ページ相互の行き来をきちんとでき、閲覧をしやすいナビゲーションをしっかりと考えましょう。
 さらに、フレームを使う場合は、フレームを表示できないソフトでもきちんと見てもらえるように、フレームを非表示のときの対策についても考えておかなければなりません。


 この「読者」についての章は、作文の話というよりも、かなりパソコンオタクな話になってしまいました。パソコンを初めての方は、まあこんなこともあるぐらいに思っておいてください。
 あれこれ考えて恐れてしないより、「どこでも配置モード」でもフレームでも、どこぞのブログツールでも使って、何か一つでもページを作ってみることの方がはるかに価値があります。何事もチャレンジしてみないことには始まりません。

タイトルとURLをコピーしました