表現の工夫

表現の工夫のポイント

  1. なるべく言いたいことにポイントを絞り、そのポイントにたどり着くまでの経過や説明は簡単に済ませる。
  2. ポイントとなる自分独自の部分は、具体的な例や説明を入れてイメージを膨(ふく)らませ、なるべく正確に表現する。
  3. 同じ内容を分かりやすく表現できるなら、文章は短いほどよい。そのような表現を目指すことが、思考を整理するということである。
  4. 同じ言葉遣いを繰り返して使わない。
タイトルとURLをコピーしました