作文の実例

作文の実例

 次頁以降に示す作文の実例について、添削の過程をどのように表記したのか、凡例を示します。

凡例(はんれい)

 (×  )内の生徒の表現を、傍線の部分のように添削(てんさく)したのが次に示す例文である。
 文章の流れの中で添削したものを、訂正箇所(かしょ)の部分部分で示しているため、一部の部分だけを見ると、必ずしも添削例に納得のいかないところもあるかもしれない。その場合は、前後の添削箇所も見比べて、内容を吟味(ぎんみ)してほしい。
 (×いらない)は、添削の場合以下の括弧(かっこ)の部分を削除してしまうことを、(×なし)は原文にないものを添削して付け加えたことを示す。
タイトルとURLをコピーしました