Top >  講義

 <  サイト Top  |  『講義』総目次  |  ・よい文章とは  > 

ねこの小論文・作文講義

 小論文・作文に自分で取り組むための視点を与える総合教科書。きれいごとを排除して、小論文・作文を書く上で考えなければならないことを網羅し、気をつけるべきポイントを本音で語っています。

ねこの小論文・作文講義目次

よい文章とは   •※日記について   •多くの人に受け入れられる文体   •※大学の先生が喜ぶ文体で書く   •注意すべき言葉遣いなど   •最低限の記号の使い方、表記の注意   •文章を書くということ   •短い指定時間で文章を書くということ   作文・小論文で問われること   •※「作文」「小論文」という呼び方に注意   •作文に対応するために   •大学入試のいわゆる小論文について   •※何について論じるか……あくまで読解が前提   •筆者のいう現代文・他教科の論述問題について   •作文・小論文の評価   •小論文に対応するために   凡例(はんれい)   •1 部活動   •※不必要なものを省く   •※字数稼ぎは通用しない   •2 皆勤   •3 人付き合い   文章構成の仕方   •※改行して一字下げない時   •※新聞のコラムの文章構成   •作文における主張と、それに至るまでの部品   •※あるがままの順番   •主張に向かう部品としての各段落1   •主張に向かう部品としての各段落2   •主張に向かう部品としての各段落3   •主張に向かう部品としての各段落4   •主張に向かう部品としての各段落5   •※一字にこだわる   •※賛成でも反対でも文章のレベルが同じなら評価も同じ   •※「確かに〜しかし〜」と似た使い方の表現   •序論・本論・結論の型   •「起承転結」は練習するな   •※作者の立場からものを見るということ   文章を整理するポイント   •組み立てを考える   •※アイデアを練る道具としてワープロを使う   •未整理の思考   •※「〜しなければならない」「〜してはならない」   •「が」に注意する   •読点の打ち方   •思考の息づかいを感じさせる読点   •自分の文章を検討する目   •※推敲と「推敲」、カタカナ書き   •※「推敲」で生まれる文章を読み取る力   •ワープロを活用する場合の注意点   •※「ワープロ」と「ワードプロセッサ」   対策の内容について必ず述べる   •読むべき内容がある文章   •〈必要でないことはなるべく削る〉   •対策の内容について必ず述べる……応用問題   •道徳的な「正しい」こと   •個人の努力・社会的な見地からのアプローチ   自分の立場を明らかにする   •※言葉に敏感に   •※論文と小論文   •自分にも責任があるものとして論じる   •※新聞で意見を主張する文章 コラムと投書   •※新聞を参考にする時には   •子どもであるという甘えを捨てる   •逃げの発想に気をつける   反対意見を考えてみる   •自分と共通する点はないか考える   •自分にも批判されるべき同質のことはないか…例文   •※「かもしれない」   •小論文に自分の体験を書くこと、具体と抽象   •※抽象と具体の往復   •※「〜と〜と」   •※単独で使われる「とか」   •〈抽象のハシゴ〉   •「昔は・今は」「昔に戻れ」   表現の工夫のポイント   •自分を正確に伝えるための「表現の工夫」   •※「いわゆる」を使いこなす   •内容にかかわる表現の工夫が大切   •題の付け方   添削問題1   •添削問題2   •添削問題3   •添削問題4   •添削問題5   •添削問題6   •添削問題7   1.教育   •2.英語学習   •3.ボランティア   再び、文章を書くということ   •※何をか言わんや   •本書の例文について   •実践からすべてが始まる   読書感想文を書こう   •読書感想文の実例   小説   •読書感想文の実例   評論   

 <  サイト Top  |  『講義』総目次  |  ・よい文章とは  > 

http://www.syouron.com/nekoron/ 
このページのトップへ↑
メールマガジン
スポンサードリンク
  Powered by
  Movable Type 3.35