教材論

 <  『教材論』総目次  |  ・羅生門  > 

こんな読み方がいいんじゃない

 一般に考えられている読み方ではどうも納得がいかない作品について、読解を試みます。『羅生門』『山月記』『舞姫』など。

こんな読み方がいいんじゃない目次

1.下人はなぜ門の下で逡巡(しゅんじゅん)していたのか   •2.下人が老婆の論理に納得する(説得された)はずはない   •3.老婆に対する憎悪が悪事実行の原動力   •4.下人は理性的に行動を決めず、情緒的に生きる人間   •5.下人は我々の「情緒的な生き方」を象徴している   •6.自分が情緒的に生きていることを自覚している人間(芥川)の苦悩   1.はじめに   •2.運命を受け取って望む方向に生きていかなければならない人間の嘆き   •3.李徴の望む生き方   •4.李徴は、物事を抽象的内省的に考えていくタイプ   •5.李徴の理想主義的潔癖さ   •6.李徴が詩に求めたもの   •7.虎となった李徴にとって、詩とはどのようなものであったか   •8.臆病な自尊心と、尊大な羞恥心   •9.「妻子の衣食のため」と「己の詩業に半ば絶望した」ということ   •10.虎になった理由と李徴の「自嘲癖」   •11.李徴という人物(まとめ)   1.『舞姫』は批判を受けるように書かれている   •2.「身分を超え、人種を超えた愛の至上」を訴える   •3.差別意識の構造   •4.自分で考える   •5.豊太郎の持つ常識   •6.姑く友の言に従ひて   •7.愛情か名誉恢復か   •8.「学問」と「一種の見識」、相沢を恨む心   •9.『舞姫』とは  

 <  『教材論』総目次  |  ・羅生門  > 

http://www.syouron.com/kyouzairon/ 
このページのトップへ↑
メールマガジン
サイトナビ
スポンサードリンク
  Powered by
  Movable Type 3.35